本文へジャンプ

事業紹介

橋梁事業

一般橋梁

天王洲ふれあい橋

工事件名:天王洲ふれあい橋
工事場所:東京都港区
企業者:天王洲総合開発協議会
完成年度:1996年
発注者:佐藤工業(株)
構造形式:ピントラス構造
 
工事概要(この工事の特性等)
 東京都品川区における天王洲地区再開発の一環として取り組まれたのが、天王洲ふれあい橋の架設であった。この橋は品川区東2丁目から港区港南4丁目の間を流れる天王洲運河の上に架かる歩道橋で、レトロなピントラス構造が特徴となっている。
 架設工法には船舶の安全航行を最優先としたことから、ポンツーン一括架設工法を採用した。この架橋により、JR品川駅から天王洲地区への徒歩によるアクセスが可能になった。また、連続性のある水辺スペースが快適さをもたらし、新しい都市空間の創造を目指す天王洲アイルの独自性を強力にアピールしている。
 橋長は69.3m、幅員は4.0m、鋼重は250tとなっている。
ページのトップへ